サブスクビジネスを開発するならKDDIグループのAXLGEAR(アクセルギア)
活用シーン

AXLGEAR for AWS

APNパートナー向け従量制料金管理ツール

AXLGEAR導入前の課題

            AXLGEAR導入前の課題
  • 1

    従量課金の自動計算
    AWSの従量制料金データを元に顧客毎に請求金額を計算するのは多大な工数が掛かる。

  • 2

    請求額のセルフチェック
    顧客は請求額とAWS使用状況をチェックする為、APNパートナーは対応工数が掛かる。

AXLGEAR課題解決

AXLGEAR課題解決
  • 1

    従量課金の自動計算
    AWSより公開されているAPIに対応しているので従量制料金の根拠データ(ドル)を取得して販売チャネル(顧客)毎に請求額(円)を自動計算することが可能。仕入金額から請求額を計算する為、仕入・売上管理も同時に実現出来ます。

  • 2

    請求額のセルフチェック
    AWSリソース毎の使用量明細CSVデータをダウンロードできるので顧客自身が請求額と使用量をチェックできます。また、日次で従量制料金から請求額の計算を行っておりますので月中時点の従量請求額も確認可能です。

APNパートナーにとってのAWSの課金請求管理にかかる様々な業務工数を大幅に削減します。AWS従量制料金の根拠データから、請求額を自動計算して請求書を自動発行できます。さらには、顧客自身が各処理を行うセルフ機能(カスタマーコントロールパネル)により顧客満足度も向上します

AXLGEARの画面構成

AWS従量マスタ

AWS従量マスタ

従量請求(AWS)

従量請求(AWS)

AXLGEARの特徴

従量課金自動計算
AWSより公開されているAPIから従量制料金の根拠データ(ドル)を取得して、販売チャネル(顧客)毎に請求額(円)を自動計算
従量課金チェックの顧客セルフ化
①従量課金の現時点での月額利用料をCustomerユーザー自身が確認
②従量課金請求額に対するAWSリソース毎の使用量明細CSVデータをダウンロードしてCustomerユーザー自身が請求根拠チェック
各種通知の自動化
①新規開通などのタイミングで通知
②請求金額が確定したタイミングで通知
社内システム連携
AXLGEARに実装されているAPIを経由して自由にデータを取得可能なため、社内の各基幹システムへのデータ連携が容易に実現できます。

AXLGEARの導入事例

ダイワボウ情報システム株式会社様のAXLGEAR導入事例

100品目を超えるサブスクサービスの一括管理を可能にする流通プラットフォーム 5千社超の販売店がアクセス

詳しくはこちら

株式会社WorkVision様のAXLGEAR導入事例

多様な販売チャネルに対応できる契約管理システム ―サブスクリプションビジネスで戦う土台ができた

詳しくはこちら

サイバーソリューションズ株式会社様のAXLGEAR導入事例

契約変更の手続きがAXLGEARだけで完結システムの脱サイロ化により、顧客データの集約が可能になった

詳しくはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ種別

機能一覧

サービスプラン管理

サービスプラン管理

月額or年額、前払いor後払い、定額or従量などの多様な料金プランにも対応

詳しくはこちら
契約管理

契約管理

見積、注文、請求、更新などの煩雑な業務がワンストップになり御社の業務効率を改善

詳しくはこちら
セルフサービス

セルフサービス

コントロールパネルを使ったオンライン処理で、受発注や見積作成をセルフサービス化

詳しくはこちら
運用自動化

運用自動化

注文からの請求、サービスの更新通知など運用の自動化が可能、業務効率改善だけでなくミスが軽減

詳しくはこちら
サービス提供自動化

サービス提供自動化

提供するサービス環境とAXLGEARを連携することによりサービス開通処理を自動化

詳しくはこちら
システム連携

システム連携

各種APIも用意されており、AXLGEARにあるデータと基幹システムとのデータ連携も可能

詳しくはこちら

その他の活用例を閲覧する

業務運用

業務運用

煩雑な運用業務(受注からのサービス提供、変更、更新、解約)

詳しくはこちら
サービス企画

サービス企画

料金プランを柔軟から単価向上、解約防止

詳しくはこちら
営業・マーケティング

営業・マーケティング

顧客との結びつき・接点から満足度向上

詳しくはこちら
情報システム

情報システム

既存システムの活用して、サブスクリプション管理システムを導入

詳しくはこちら
経理会計

経理会計

請求業務を簡略化し、正確な会計に

詳しくはこちら
デリバリー

デリバリー

サービスの自動プロビジョニング

詳しくはこちら