AXLGEAR for CSPCSPパートナー向け契約自動管理ソリューション

Home  >  CSPパートナー向け契約自動管理ソリューション

Microsoftクラウドソリューションプロバイダー(CSP)パートナーはAXLGEARを利用することで、
Office365やAzureを販売してサブスクリプション型サービスの契約を管理運用することが出来ます。

User

AXLGEAR for CSPの対象ユーザー

AXLGEARforCSPの対象ユーザー

顧客に直接販売するCSPパートナー様も、販売代理店経由で販売するCSPパートナー様でも
AXLGEAR for CSPを利用してOffice365やAzureの販売、契約管理を行えます。

User

AXLGEAR for CSPで実現する業務プロセス

AXLGEARforCSPの対象ユーザー

office365、Azureなどのサブスクリプション型サービスの販売に必要となる
見積~受注~開通~請求~継続…という一連の業務プロセス管理をAXLGEARでは実現しており、
CSPパートナーにとってのOffice365、Azureサービス提供・管理にかかる様々な業務工数を大幅に削減します。
例えば、マイクロソフト社からCSPパートナー向けに提供されているAPIに対応することで
・Office365のライセンス発行・変更をAXLGEARから処理できます。
・Azure従量課金の根拠データから、販売価格を自動計算して請求書を自動発行できます。
さらには、顧客自身が各処理を行うセルフ機能(カスタマーコントロールパネル)により顧客満足度も向上します。

User

CSPサービス「提供」における課題と解決

-Office365-ライセンス販売系サービス
User
課題:頻度の高い変更注文

Office365はライセンス変更が頻繁に依頼され、その都度の受発注処理に多大な工数が掛かる。

→CSPパートナー向けに提供されているAPIに対応しているのでAXLGEARよりOffice365のライセンス発行・変更が可能。
且つ顧客向けコンパネ(カスタマーコントロールパネル)から処理することができる為、
顧客にとっては直ぐにライセンス変更可能であり、CSPパートナーの工数も大幅に削減できます。

課題:未来日付の注文

Office365ライセンス発行・変更は「来月月初から~」という未来日付が多く、処理漏れが発生しやすい。

→未来日付での注文に対して、該当日付にて自動的にライセンス発行・変更の処理を行います。

課題:多様な運用

ドメインを新規取得したり、取得済みドメインにサービスを追加したり…など様々な注文パターンがある。

→新規ドメイン取得や取得済みドメインへのサービス追加など様々な注文パターンでも対応しております。

-Azure-従量課金型サービス
User
課題:従量課金の自動計算

Azureの従量データを元に顧客毎に請求金額を計算するのは多大な工数が掛かる。

→CSPパートナー向けに提供されているAPIに対応しているので
従量課金の根拠データを取得して販売チャネル(顧客)毎に販売価格を自動計算することが可能。
仕入金額から請求額を計算する為、仕入・売上管理も同時に実現出来ます。

課題:請求額のセルフチェック

顧客は請求額とAzure使用状況をチェックする為、CSPパートナーは対応工数が掛かる。

→Azureリソース使用量データをCSVダウンロード出来るので顧客自身が請求額と使用量をチェックできます。
また、日次で従量課金の計算を行っておりますので月中時点の従量課金額も確認可能です。

課題:多様な運用

Azure管理者権限を新規アカウントや既存アカウントに付与する…など様々な注文パターンがある。

→Azure管理者権限を新規アカウントにも、既存アカウントにも付与できます

User

特長

ポイント ❶

マスタ管理

①CSPサービスのマスタはAXLGEARにプリセット

②マイクロソフト社でマスタに変更があればAXLBITで変更処理
(CSPパートナーによるマスタメンテナンスは不要)

ポイント ❷

CSPサービス提供API連携

→CSPパートナー向けに提供されているAPIよりサービス開通処理やライセンス変更処理を実行

ポイント ❸

従量課金自動計算

→CSPパートナー向けに提供されているAPIからAzure使用量データを取得して、販売チャネル(顧客)ごとに販売価格を自動計算

ポイント ❹

契約管理・追加処理の顧客セルフ化

①Customerユーザーが自身の契約情報を直接確認

②ライセンスの追加処理をCustomerユーザーが直接登録

ポイント ❺

従量課金チェックの顧客セルフ化

①従量課金の現時点での月額利用料をCustomerユーザー自身が確認

②従量課金請求額をAzure使用量CSVデータをダウンロードしてCustomerユーザー自身が請求根拠チェック

ポイント ❻

各種通知の自動化

①新規開通や変更完了などのタイミングでの自動通知

②契約期限の数か月前に更新案内を自動通知

ポイント ❼

社内システム連携

→AXLGEARに実装されているAPIを経由して自由にデータを取得可能なため、社内の各基幹システムへのデータ連携が容易に実現できます。

User

UpValueサービスの例

UpValueサービスの例

CSPサービスに関連しているサービス(例えばセキュリティサービスやサポートサービス…等)も
AXLGEARに登録して管理する事が出来ますので
CSP事業全体の関連商材・サービスを一元的にAXLGEARで販売・契約管理を行う事ができるようになります。

運用負荷をさらに軽減

→AXLGEARをAPI化しているので社内システムとの連携対応もスムーズに実施

アップセルのビジネス展開

→CSPに付随する独自サービスの管理もAXLGEARで一元的に管理できる